あおぞらと白い雲

☆よろしくお願いいたします☆

Entries

50の手習い





ご近所で
パートのお仕事を
始めることになりました。

前回は、気合を入れすぎて
息切れしてしまったと思うのです。

面接では
できないことをたくさん言わせていただき

それでもよいでしょうか?と
正直に言いました。

お約束の日に
ご連絡がなかったので

だめもとで、お電話を差し上げて
おそるおそるうかがったところ

採用ですよ。
とやさしく言っていただけました。

ほっとしましたが、ほどよい
緊張感もあります。

世間でいうところの
3 K ですが、

自身は変わっていることに
あこがれがあります。

前回の教訓を生かして
かっこつけずに、
一歩一歩と思っています。

目標は、昇給は希望せず
ていねんまで
ほそくなが~く






宿川原の桜




IMG_1086_convert_20170411101950.jpg




叔母と母と3人で
宿川原の桜を見に行きました。

川沿いの桜は幹が太く、
樹齢何年かの風格を感じさせてくれました。

嬉しくなって川の飛び石を
渡ろうとする叔母。

2人を置いて
どんどんと歩いてゆく
歩くのが早い母。


みんな80前なのに
元気元気で。


桜は、見事に満開で
毎年毎年と

重ねる歳とともに、
感慨深いものになってゆきます。



自身の持病は
平均寿命が58だそうです。

あと何年
見られるでしょうか。


ま、平均ですからね!


太い幹を見ながら
自身の人生も

素敵な桜を、1年に1回でも
みじかくでも、咲かせたい。


平均寿命を延ばすべくと願い
幹をそっと
さわったのでした。


お天気、同様
あたたかかったです






回転寿司のOPENに行く



DSC_0009_convert_20170406135124.jpg


ご近所に、回転寿司店が
OPENするとのことで

父の日と母の日という名目で
3人で行きました。

開店15分前についたら
長蛇の列です。

駐車場も
ほぼほぼいっぱいで

なんとかはじっこの方に
停めることができました。

列の横を歩いていくと
お店の裏まで行列が続いていました。

OPEN時間になり、
ちょっと前で満席となったためか

そこからうんすんで
待つこと40分でやっとはいれました。


ネタは、1かん90円のわりに
鮮度がとても良くて、

しゃりも粒がたっていて
美味しかったです。


流れるお寿司たちを
楽しそうにながめる母。

色々言いながら
美味しそうに食べる父。


満足してもらえたようで
よかったです。

開店記念につき、
どっしりとした、定番の寿司ネタが

たくさん漢字で書いてある
お湯のみ頂きました。


ザ・和もの好きな次男が
喜びそうなので、

食後の
お茶用にしてみます









海苔とチーズはさみカツ



DSC_0007_convert_20170404205119.jpg




4月4日の、お夕飯です。

海苔とチーズはさみカツ
玄米
とん汁
ふろふき大根
さらだ

です。

薄切りチーズを海苔で巻いて
豚こま肉でくるんで

ころもをつけて
揚げました。

今日は、書類の整理の
手伝いをするとのことで

力仕事だと聞いていたので
ありもので、カツにしました。


働いた後の
食事はとても食べごたえがあるようでした





長男の卒弁



DSC_0006_convert_20170402190215.jpg



あしたから、
社会人になる長男。

もうお弁当は
大丈夫とのことで

節目ですので
うなぎ弁当にしてみました。

幼稚園から数えると
足掛け、20年
作っていたことになります。

幼稚園の頃は
可愛いおにぎりと
ちょこっとおかず。

ごはんを、たき忘れて
肉まんあんまんダブル弁当や

ペヤングを詰めたり
したこともありました。

そのほうが、以外にも
おともだちに
人気があったりして。


中学校のころは
運動部でしたので

ぎゅうぎゅうの
おかずぎっしり弁当。

さなぎ時代で
無口な態度でも
残さないでいてくれたので

つながっていられた
気がしました。


高校生になると
これが美味しかったと
言ってくれるようになりました。

言われると、
嬉しくて
リクエストに応えたりして

頑張って、休日に
仕込んできました。

普通はここで
卒弁なのですが

お金が苦しいとのことで
大学生でも作ってきました。

お弁当箱も
おつかれさまです。

しまじろう⇒保温のタイプ⇒今の標準型
と、変わっていきました。

いろんな思い出が
ありましたが

バランスにだけは
気を使っていたので

丈夫な、好き嫌いのない
おおきな人に育ちました。


お弁当は、これからも
旦那さんと学生の次男と

自分の分のは
まだ作るんですけれどね。


これからも、長男にも
休日のお昼は、
時々、作ろうと思っています。


ひとまずは、いちぬけ
ひとだんらくですね






ご案内

プロフィール

kei

Author:kei
お台所に立って
ラジオを聴いているのが、
日課だったアラフィフの主婦です。

食事作りの日記と
日々のしあわせさがしを
つづります。

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

安らぎの癒し名言集

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR